【AmiVoice WT01(桐生:黒、荒牧:白)】

音声認識に特化したバッジ型のウェアラブルマイク。
各種デバイスとBluetooth接続することができ、騒音下でも利用できます。

【AmiVoice PM01】

音声認識や音声対話に特化した超指向性のピンマイク。発話者の声を主にキャッチする。
胸ポケットや襟、首元等につけられるクリップがついている。

【クリップUSBライト】

パソコンや机に装着して手元を照らすことができるライト。
部屋が暗く、手元が見えない場合に使用します。

【円筒型カメラ付きスピーカーフォン(logicool)】

高性能カメラとスピーカーフォンが一体となった機器です。
パソコンにUSB or Bluetooth接続して使用します。

【ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン】

音切れがなく、人の声と周囲の雑音を聞き分ける機能、雑音がある部屋でも話者の音声を高い明瞭度に整えてくれる機能、小さな声を聴きやすいレベルに揃える機能付き。
スマホとぺリングも可能。360度全方位から音声を収音するので、グループディスカッションなどの時に便利です。

【ANKER Bluetoothスピーカー】

聴覚障害学生が、オンライン授業の音声を聞くとき、UDトークに音を拾わせるときなどに利用。スマホやタブレット、パソコンとペアリングして使用。

【ノイズキャンセリングヘッドフォンBOSE】

聴覚過敏の方や、集中したい方に。

【ノイズキャンセリングイヤホン】

左:KING JIM  右:Sony

【ドキュメントスキャナー】

Fujitsu ix1500

視覚障害の学生などが、講義の配布資料をその場でスキャン。自分のパソコンにデータを送ることで、パソコンの読み上げを使用できる。

【ICレコーダー】

肢体不自由学生や口頭での指示・連絡をメモしたり、記憶にとどめたりすることが苦手な方が講義などで教員に許可をいただいた上で使用します。

【ワイヤレスマイクロフォン】

マイク入力端子を搭載したビデオカメラやレコーダーなどの録音機器と接続して使用できるワイヤレスマイク。

【ステレオマイクロフォン】

ZOOM iQ7
iPhone/iPad
Lightningコネクタに直接さして使える。各マイクの基部が回転するので音を取る範囲を変えられる。

【書見台】

【タブレットスタンド】

【トラックボールマウス】

マウス上面についているボールでマウスポインタを操作するため、平面に置く必要がありません。

【折り畳み式据置型拡大読書器】

Mezzo focus (システムギアビジョン)
オートフォーカスフルHDカメラ搭載なのでより鮮明に見やすい。光沢のある紙を映してもほとんど反射がないので読みやすい。筆記時のペン先の影も出にくい。

【ポータブル型アームレスト】

ジャンボレスト(テクノツール)

正しい位置に腕を置けば姿勢を保持でき身体への負担を軽くできる。

本体は800g、耐荷重70㎏。持ち運びに便利。

【オーディオ分配ケーブル】

UGREEN

音を分配するためのケーブル。オンライン講義の音をUDトーク使用端末とヘッドフォンに流すときに使用。

【iRig2】

文字起こしを行う時の映像の音声やオンライン講義の音をUDトークに周りの雑音を気にせずダイレクトに認識させることができるため、認識率が上がる。

【デジタルワイヤレス補聴システム】

Roger:騒音下や離れた距離の聞こえをサポートします。

・ロジャーセレクト
テーブルの中心などに置いたり(6方向使用)、首から下げたり(首掛けモードが自動的に作動)、話し手の声を拾い、無線で直接耳元に送信するワイヤレスマイクロホン(送信機)です。

・ロジャーマイリンク
Tコイル内蔵補聴器、人工内耳に対応した受信機です。首にかけて使用します。

・タッチスクリーンマイク
講義では、担当の先生に首から下げていただいて使用しています。ダイレクトに受信機に先生の声を拾います。

・パスアラウンドマイクとパスアラウンドマイクスタンド
タッチスクリーンマイクの子機として使用できるハンドマイク。

・マルチメディアハブ

話者の使用するマイクからの音と同時にオーディオケーブルで音響機器と接続して使用することもできます。(タッチスクリーンマイクやパスアラウンドマイクは互換性があります。)

【iPad Air / iPad mini】

iPad Airにはキーボードも付属しています。