現在のオンライン授業には以下のような方法で情報保障を行っています。

 

【文字通訳】

・音声認識(UDトーク)
サポーターが2名で誤認識と誤変換の修正を行います。
会話や先生の話をリアルタイムで文字化します。群馬大学では、法人プランで契約しているので、音声を文字化したものを送信したり保存したりできます。電波の状況などの理由で、誤認識も多々あるため、サポーターは修正をします。スマホやiPad、パソコンなど使用機器は、利用する聴覚障害学生や修正するサポーターの希望に合わせて選べます。「http://udtalk.jp/」のサイトで詳細が見られます。

・遠隔テイク
T-TAC Captionというソフトを使用して、連係入力をします。スマホやiPad等の端末で、Zoom配信される講義を見ながら、サポーターが自分のパソコンで自宅でテイクを行っています。利用学生も自分のパソコンでソフトを開いて、文字情報を見て受講しています。

【手話通訳】

遠隔で手話通訳を行うケースをメインに考えていますが、現地で行うケースも想定しています。その場合、情報保障者は、フェイスシールド(ガード)をして行います。

【ZOOM字幕】

卒業論文中間発表会にて、ZOOMの字幕が行われました。
従来通りの、UDトーク、T-tacでの情報保障に加えて、ZOOMの画面に字幕を表示させる情報保障が行われました!

【captiOnline】

captiOnlineによる支援を開始しました。IPトークとT-TAC captionのいいとこ取りをしたような新しくお手軽な支援方法です。

使用方法については、こちらをご覧ください。

[注意]

IPトークのように、句点で改行されるシステムが搭載されていません。情報保障をする際は、ENTERキーでの改行が必要となります。

Fnキーの単語登録の利用に関して、ご使用のパソコンのFnキーに別のアクションが登録されている場合は、任意のキー(Mac:fn など)を押しながらFnキーを押してもらう必要があります。