利用までの流れ

・障害のある受験生は、障害を理由とした受験場の不利が生じないよう「合理的配慮」を受けながら受験することができます。
・受験を検討中でも構いません。早めに相談しておくことで安心して受験に臨めるようになりますし、入学後の支援をよりスムーズに調整することができます。
・入試の際の配慮申請については「入学者選抜に関する要項」をご覧ください。

障害等のある入学志願者との事前相談
詳細は、大学HPの「障害等のある入学志願者との事前相談」にて。
(入学試験受験相談書の様式PDFもあります)

受験上の配慮内容の例

・試験場への乗用車での入構
・Roger、補聴器の使用
・連絡事項等の文書伝達
・手話通訳者の手配
・介助者の試験室までの同伴
・1階又はエレベーター利用可能な試験室に設定
・車いすの使用
・試験室を別室に設定
・座席を最前列、最後列、ドア付近等に設定
・試験時間の延長
・拡大した問題用紙、解答用紙の配布
・拡大鏡の使用
・薬の服用が必要な場合の別室の準備