ここでメニュー終了です

支援内容

支援内容

 障害に関する専門的知識を持った室員、または障害学生支援に関する専門的な技術を持った支援室職員(専門支援者)、そして障害学生本人との個別相談で決定します。そうすることで、障害学生自身が気付かなかった部分まで確認し合えさらなる支援へとつなげる機会となります。
 対象は障害のある方です。視覚障害の方、肢体不自由の方、発達障害の方、聴覚障害の方、内部障害の方、その他の障害の方が対象です。授業の受講や試験に際し、配慮を依頼する他、座席の配慮や教室の変更を依頼します。また、教育実習やインターンシップなど、対外的な学習活動に際しては、外部機関にも依頼をします。

 障害に関する専門的知識を持った室員、または障害学生支援に関する専門的な技術を持った支援室職員(専門支援者が相談を行います。また支援機器の貸し出しも行っています。

共通

聴覚障害をもつ学生への理解を深めるため、手話の習得や支援技術の講習を取り入れた講義を実施しています。

教職員への配慮願い事項の周知

障害学生が大学生活を送るにあたり、配慮してほしい事柄を教職員に周知し、理解と協力をお願いしています。

情報提供

 障害学生支援関連の情報や就職情報などを支援室内に掲示しています。 希望される方は、群馬大学障害学生支援室までご連絡ください。

サポート学生の募集や養成

 障害学生の支援を担ってくれるサポート学生に、支援の方法や障害に関する知識について講習を行い、活動をしてもらっています。

ここで本文終了です
このページのトップへ
ここでサブメニュー終了です
ページの終了です